2022年8月 8日 (月)

稲の穂育つ(と)カワセミ

散歩コースは田んぼが多い

 稲が育って広々とした田が青々と若々しい稲穂が

育ってきました


1_20220808095302

3_20220808095301

4_20220808095301

5_20220808095301

    垂れ始めた稲の穂

一面稲穂これもまたすがすがしい





1_20220808095301

何か月ぶりかの カワセミ

思わず 「あっ! いた」と叫んでしまいました


いつも土管に止まっているカワセミだけれど

かわいっくて美しい。


2_20220808095301
    クチバシが長い ちっちゃなカワセミ



Photo_20220808095301

同じ日 離れた場所にはシラサギが一羽。


2022年8月 5日 (金)

ウッドデッキのペンキ塗り

日に日にコロナ感染者が増えて来る

他県の孫ちゃん達が来れるのか中止もしがない事になるのか

こうなると(コロナ増加)と想像して今年のお正月は2週間娘たちは帰って来た

 

確か・・・5月の連休も帰省させた(PCM検査してもらって)


何週間前からこの夏休みも 来る・来れない の話し合い。


1_20220805125101

2_20220805125101

孫ちゃんたちが来るかもしれないと

主人がウッドデッキのペンキ塗りしていた時。



31_20220805125101

4_20220805125101

62

  “濡れ縁“もペンキ塗り


[結論は帰省中止と致しました]


今年のお盆に気になる事が

主人側親族の初盆集まりが有る事です

嫁として逃げる事は出来ないし・・・・・・・・

 

小道の子は極力 人混みを避けていつも慎重に生活しています


ここだけの話し寄りによって【初盆】とは。

数か月前には“通夜見舞”持参で参列した時も

   コロナ増加中・・と思ってしまいました



新盆集まりには諸処の事情でまた

    近くに住んでいる娘に車の運転を頼みました


両家供(主人側と小道の子側)の兄弟・義兄弟はそれなりの歳と

なってきているのです。

 

        〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰
      〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰
    〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

Photo_20220805125102
  ご近所さんの畑です


Photo_20220805125101

2022年8月 2日 (火)

サルスベリ

 春にはピンクの桜の花が景色を添える


 夏にはピンクの花 サルスベリが添えてくれる

 

毎年咲いてくれる花たちが嬉しさを包む

Photo_20220802092702

Photo_20220802092801

Photo_20220802092701

    サルスベリと云えばピンクの色が咲いている





1_20220802092701

2_20220802092701

    白いサルスベリは珍しいのでしょうか??


 この白いサルスベリ 時期的には写すのが遅すぎたようでした



ここ連日 そしてこれからも千葉も最高気温 35度予報

お盆が近いので出かけるのが多くなる

この暑さには(ー_ー)!!・・・・・

部屋にクーラーつけておとなしくしていたい

 

2022年7月30日 (土)

鳥の熱中症

 暑い日 庭の芝生の上にムクドリが倒れていた

  動かない

熱中症になってしまったようです


1_20220730095401

 バッタリとして 

撮るのも気分がいいものではないのだけれど・・・・・・・・

2_20220730095401

羽が弱々しく動く

3_20220730095401

 全く元気がない 羽だけが動く・・・・・弱く動く


Photo_20220730095403

  主人が水を与えて見たけれど

口が固まってしまい動かかせずく飲む状態ではなくなっている・・・・・

     ムクドリの熱中症では

Photo_20220730095401

           カンナ

Photo_20220730095402

   気分を変えて 

 綺麗な夏の花を載せました

2022年7月28日 (木)

稲の穂と花

Photo_20220728092401

朝早くの散歩

陽が射し 風そよぎ 湿気にと

そんな天気


稲に穂が育っていました

穂には花が咲く びっしり実のような花


 驚くほど時が経つのが早く感じる

                  もう 八月

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰


(TVで放送していた話し)

5才~20才

  と

20歳~70歳 の年月感覚

あくまで感じる事は

   同じだそうです



小道の子の体力は別として

わたしは今60代の感覚

 70代だけれど

 

1_20220728092401

2_20220728092401

      ゆさゆさと風にゆられて

3_20220728092501

2022年7月25日 (月)

青瓜の漬物

 知人から青瓜をいただいたので

      早々に漬け物を作りました


Photo_20220726092201

    ウリの漬け物

       塩加減は5% 


○ ウリを縦に半分に切り 種を取って漬けました

とても美味しいので毎日食しています

近くに住んでいる娘家族にもおすそ分けいたしました


Photo_20220725092803

ダンボール二箱にウリが(≧▽≦ノノ゙)



Photo_20220725092804

 塩の量 5%がとてもいい加減

重いい重石で一晩漬けたら 水が上がって来ました




Photo_20220725092802

 軽い漬物石(5キロ)に代えて 一晩置く

    出来上がりました

2022年7月22日 (金)

夏の花

Photo_20220722095401

1_20220722095401

2_20220722095401

Photo_20220722095402

    アザミ属


きょう(22日)のお天気は

曇り、陽が射し、雨がチラつく


お孫たちは夏休み、他県にいる娘の帰省は

新型コロナの感染者の増加を思うと非常に難しいのでは

と思ったり

車で来るのだから大丈夫ではとも思ったりして・・

思案中

いつまで考えれば結論がでるのだろう

 

2022年7月19日 (火)

佐倉ふるさと広場

41_20220719104401

 先日 何年振りかで佐倉ふるさと広場に行って来ました

ひまわりが一面にに咲き 風車と共にのんびり心ゆったりさせてくれます

春は“チューリップ”

夏は“ひまわり”

秋は“コスモス”

    と

季節々の花々を引き立つ風車が

ふるさと広場の象徴となっている

市民を楽しませてくれます

 

1_20220719104404

ひまわりの育ちの伸び遅く

天候の猛暑が読き雨不足だったので丈が短いひまわりが多くなってしまったのでしょうか


小道の子がひまわり畑に行った直後からどしゃぶりの雨が降り出して

梅雨の戻りのよう


2_20220719104401

    遠方にはポプラが数本 情緒を感じます

3_20220719104401

1_20220719104402

Photo_20220719104401

1_20220719104405

   ひまわりと 私鉄沿線



Photo_20220719104402

  風車がこの広場の美しさの趣を与えてくれる



1_20220719104401

   子犬のワンちゃんチワワもお散歩


1_20220719104403

  ふるさと広場の隣りには印旛沼の水が悠々と流れています

2022年7月17日 (日)

稲の農薬散布知らせ

Photo_20220717093402

16日(土)に撮影


天候は微妙な小雨模様、

かすかに明るくなってきたので散歩に出かけた


田の稲の農薬空中散布のお知らせ看板がありました

稲も順調に育っているようです




Photo_20220717093401

散歩帰り半ばに雨がポツリポツリと降って来たので

雨の波紋を撮りました

湿気で蒸し暑い

2022年7月15日 (金)

椿の木を剪定・他

Photo_20220715093501
     主人が椿の木と垣根の剪定をしてくれてスッキリしました

 ここは片田舎ですから小道の子宅にはそれなりの土地があります

主人が庭木とか芝生の手入れをしています

それが難しくなったらどうしょうと思う
高齢者の悩みが増える歳となってきた


 それと・・・自動車の免許を返納してしまったら買い物が不自由になってしまうので

先日、40年振りに自転車の試し乗りしてみたら道路が怖くて

(後ろから車が迫ってくると ふらつく それが怖い)



梅雨のような曇天・雨 蒸し暑さ

晴天、これもまた暑くて悩む


 

Photo_20220715093502

     ビワの木に小鳥の巣

Photo_20220715093503

    トンボがかわいい

«初夏の田んぼ