« ② おかず:こんにゃくのきんぴら | トップページ | まぐろの解体ショー »

2018年10月15日 (月)

クラス会かたり詐欺?

Photo

花言葉(思い出) = 楓、 サクラソウ、クロッカス

10月に入ると小道の子に同窓会の通知が届きました(白い囲み)



数日後に 電話

○出演:電話して来た人(安達ゆうじ;仮名) 

    小道の子宅の名前(島田:仮名)

安達さん「島田さんですか」

小道の子「どちら様でしょうか」

安達さん 「地元の同級生の安達です クラス会の事で」

小道の子「わたくしの同級生には安達さんという方はいませんけれど」

安達さん「旦那さんの同級生です」



夕飯中の時間 一杯ご機嫌中の主人

主人と電話かわる

主人 「安達? 覚えていない 思い出せない」

主人 「ゆうじ? だいぶ昔のことだからなぁ」(軽く笑う)

    との会話声が聞こえた

主人は “名前・住所・電話番号”を安達さんに教えている


    電話切る


       ・‥…・‥…・‥…・‥…・‥…・‥…


小道の子「同級生の名前覚えていないのになんで住所も電話番号も教えるのよ」

         (`ε´)(シンジラレナイ)


主人「一度ハガキ送ったけれど戻ってきて来てしまったというんだから しょうがないだろ           
    う。また送るってよ」

小道の子「送ったハガキ戻ってきたなんて本当だかどうか(疑)」


小道の子「なんクラスあったの?」

主人 「4組」

小道の子「おとうさんは 何組だった?」

主人 「2組」


わたしは急いで主人のアルバムを引っ張り出して アルバム確認

「おとうさん 1組の集合写真に載っているよ」

「1組の生徒の名前に安達ゆうじさんの名前がある ある」

「あんな田舎(失礼)に4組もあったんだ」

主人「本校 と 分校があったんだよ」

小道の子「おとうさんは 分校でしょ」

主人 「本校だよ」

小道の子 「えっ あんな山んなかで“本校”」

      「分校って どんなところ」



 この会話から10日後主人のクラス会の通知が我がポストの中に。 

(画像 ↑ 青囲み)

(本題)

お互いに若くはないんだから気をつけよう

主人 「おまえみたいのが 騙されるんだよ」

« ② おかず:こんにゃくのきんぴら | トップページ | まぐろの解体ショー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ② おかず:こんにゃくのきんぴら | トップページ | まぐろの解体ショー »